リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して

角丸

PUSH型広告

リスティング広告の歴史はそれほど古いものではありません。21世紀に入ってからなので、10年程度です。それまではインターネット上の広告といえばバナー広告やテキスト広告のみで、顧客の興味に連動した広告の掲載などは全くありませんでした。 その為、リスティング運用などという言葉も当然なく、広告を掲載する際にはその広告料を支払い、不特定多数に掲載することで大きなリスクを負いながら費用対効果を計算していました。サイトの内容やアクセス数などから顧客を想定し、広告を掲出していたのです。この方法を専門用語でPUSH型広告といい、その時々の顧客に興味に関係なく、広告を見せる方法で、テレビ番組の間に入れるCMと同じ方法です。

検索キーワードに一元的に連動

リスティング広告はまだ開始されてから10年程度しか経過していませんが、その間に目覚ましく進化しています。検索キーワードに一元的に連動して広告を表示する方式から、複数のキーワードに対応できるようになり、またキーワードから予測される類似キーワードに対しても連動して表示されたりと、その動作は複雑になっています。その変化の歴史は、検索エンジンの進化の歴史に連動して高度になってきました。しかし、その影響でリスティング運用を行う場合にはその情報量が多く、運営が非常に複雑になっています。的確なリスティング運用を行うためには検索エンジンの動作を理解し、出来るだけ購買活動に繋がりそうなキーワードを絞り込んでリスティング広告を掲載することで、広告費用を抑え高い効果を生み出すことが要求されるようになったのです。

リスティング運用における広告文字数の重要性
リスティング運用におけるクリック率の重要性
ランディングページとリスティング運用の関係を考える
リスティング運用の問題点をチェックする
リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して
リスティング運用と予算について
リスティング運用とリマーケティングの違いについて
角丸