リスティング運用の問題点をチェックする

角丸

メリット・デメリットがある

リスティング運用を考える場合、そのメリットについて考えるのは良いことですが、デメリットなど問題点についても考慮する必要があります。 どんな場合でも、メリット・デメリットがあるものです。 リスティング運用においてもそれは同じです。 リスティング運用のデメリットといえば、運用管理が複雑であることです。 種々雑多できめ細かい業務をこなす必要があり、それらを効率よくまた効果的に行うことができなければ、費用の割に成果が上がらないという事態を生んでしまうことになります。 リスティングにおける運用管理とは、具体的に、レポーティング、A/Bテスト、広告文の作成、毎日の入札調整、キャンペーン、LPの制作などがあります。 こうしたこと全てを効率よく管理するのはとても大変なことです。

サービスの充実度と料金

リスティング運用を行うときは、業務を専門業者に委託することもできます。 その際に問題点となるのは、業者をどのように選ぶかということです。 業者は一つではなくいくつもあります。 どこもサービス内容や料金が同じというわけではなく、自社にとって有利なところを慎重に選ばなければなりません。 特に重要なのが、サービスの充実度と料金です。 サービスについては、どこまで対応してくれるのか、また契約形態がどなっているかについて確認しなければなりません。 料金については、初期費用と月額費用がありますので、分けてチェックする必要があります。 ちなみに料金の相場は、初期費用が5万〜10万程度、月額は費用は、定率型なら広告出稿額の20%、定額型(固定費型)の場合は出稿額によって費用が変わります。

リスティング運用における広告文字数の重要性
リスティング運用におけるクリック率の重要性
ランディングページとリスティング運用の関係を考える
リスティング運用の問題点をチェックする
リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して
リスティング運用と予算について
リスティング運用とリマーケティングの違いについて
角丸