リスティング運用と予算について

角丸

重要なポイント

リスティング運用をしたいと考えるとき、何が重要なポイントになるでしょうか? 真っ先に考えなければならないのは、予算です。 どんなサービスをどのぐらいの契約期間で、またどんな料金で依頼するかということについては、綿密に考えておく必要があります。 リスティング運用は業務委託で行うことができますが、その場合は、業者ごとにどんな料金で引き受けてくれるかを、あらかじめリサーチしておく必要があります。 業務委託における一般的な費用相場は、初期費用の場合は、無料、もしくは5万円〜10万円程度となっています。 月額費用は、定率型と定額型があり、定率型の場合は広告出稿額の20%、定額型は出稿額に応じての料金体系となっています。

業者の他社との相違点

リスティング運用を業務委託で行う場合、ポイントになるのは業者の決め方です。 リスティング運用を請負う業者はたくさんあり、その業者ごとに特徴や費用が異なります。 安心して依頼ができる業者を選ぶためには、チェックしておくべきポイントがいくつもありますので、業者選びを行うときはそれらを注意深く見ておきましょう。 業者選びのポイントは、予算、費用、サービス内容、その業者の他社との相違点、担当者の人数、対応幅、連休時の対応力、契約形態などです。 費用については、初期費用と月額費用を確認しておくこと、サービス内容については、具体的にどんなことに対応しているかについて、細かくチェックしておきましょう。 なお、業者の決め方を間違えると、運用の成果が上がらないこともあります。

リスティング運用における広告文字数の重要性
リスティング運用におけるクリック率の重要性
ランディングページとリスティング運用の関係を考える
リスティング運用の問題点をチェックする
リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して
リスティング運用と予算について
リスティング運用とリマーケティングの違いについて
角丸