ランディングページとリスティング運用の関係を考える

角丸

ランディングページが非常に重要な意味を持つ

ランディングページとリスティング運用は密接に関係しています。リスティング運用はリスティング広告をどの様に効果的に利用するかと、リスティング広告の費用との費用対効果を分析し、効果的に広告を掲示することを考えるものですが、この広告の効果を上げるためにランディングページが非常に重要な意味を持つのです。検索エンジンを利用し検索したユーザーが、リスティング広告に誘導されてランディングページを訪問した場合、その検索エンジンで検索した内容とマッチした内容が表示されれば、購買意欲は一気に高まります。そしてそのサイトの信頼度が増し、その時点で購買しなかったとしてもサイトを再度訪問し購買してくれる可能性は非常に高くなるのです。この効果はリスティング運用にも大きく反映されるのです。

作成することが大切

リスティング運用を効果的にするランディングページは、そのリスティング広告が表示された検索キーワードの内容を十分に把握されていることが非常に重要です。逆に検索キーワードの内容の他にあれもこれもと欲張ってしまうと、ユーザーは興味をそがれそのページから離れてしまう、これでは意味がありません。ユーザーは初めてサイトを訪れるのでいろいろとサイトを紹介したい気持ちは分かりますがランディングページの中ではユーザーの興味に絞ってそれだけに徹底するのがよいランディングページの内容です。リスティング運用を効率的にするためには、このようなランディングページの性格と位置づけを十分に理解し、検索キーワードとリスティング広告との関係性を十分に意識して作成することが大切です。

リスティング運用における広告文字数の重要性
リスティング運用におけるクリック率の重要性
ランディングページとリスティング運用の関係を考える
リスティング運用の問題点をチェックする
リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して
リスティング運用と予算について
リスティング運用とリマーケティングの違いについて
角丸