リスティング運用におけるクリック率の重要性

角丸

投資として重要

リスティング運用においては、広告費用が投資として重要な意味を持ちます。リスティング広告はクリックされて初めて広告料を支払う仕組みになっているため、広告を掲載しても、クリックされなければ広告費用は発生しません。その為、クリック率を出来るだけ正確に把握することが重要な意味を持つことになるのです。 しかし現実には、クリックされただけで実際の購買行動が起こされない場合にはその広告費用は無駄になってしまいます。ユーザーにサイトを認知してもらうという意味では効果があるのかもしれませんが、インターネットの様にたくさんのサイトが存在する中ではリスティング広告を一度クリックしただけではユーザー側にその認知をしてもらった効果があるかどうかは難しいところです。

クリックして購買をしてもらう

リスティング運用においてはクリックして購買をしてもらうことが最終目的であり、その意味ではクリック率だけではなくその先の購買率まで考慮する方がより現実的かもしれません。クリック率の目安は一般的には5%程度とも言われており、その部分に広告費用が掛かるわけですが、さらにその中の実際に購買をした率がどのくらいなのかによって、リスティング運用上の投資対効果が現れるのです。この購買をした率を正確に把握することで、より運用効率を高めることができます。広告費用の正確な把握という意味ではクリック率は非常に重要な意味を持ちますが、決してこの数字を挙げることだけにとらわれず、むしろ購買率を高めるために広告の内容を吟味し、購買意欲のないユーザーにはクリックさせないように工夫することがリスティング運用では重要です。

リスティング運用における広告文字数の重要性
リスティング運用におけるクリック率の重要性
ランディングページとリスティング運用の関係を考える
リスティング運用の問題点をチェックする
リスティング運用はリスティング広告の歴史を把握して
リスティング運用と予算について
リスティング運用とリマーケティングの違いについて
角丸